新型コロナウイルスワクチン接種 高齢者WEBサポート

新型コロナウイルスワクチン接種 高齢者WEBサポート事業報告

6月14日(月)
アゼリアおおたけにて新型コロナウイルスワクチンの集団接種WEB予約のサポートを行いました。

 2021年5月、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が急がれる中、高齢者に向けたワクチン接種の予約が我がまち大竹市でも始まりました。
しかしながら5月の集団接種に対する予約の段階で行政は新型コロナウイルス感染者増加や、クラスター対応、ワクチン予約対応で業務が圧迫されている状態でした。WEB予約していただくことで行政の負担が軽減されることは明白でしたが、操作方法がわからない高齢者が多いことも課題でした。
 大竹青年会議所ではこうした中、高齢者のWEB予約の疑問解消、不安の払拭を目的に「新型コロナウイルスワクチンの集団接種WEB予約サポート」事業として動き始めました。
 6月14日(月)8時40分 6月下旬〜7月上旬にかけてのワクチン集団接種の予約開始日時に合わせ、大竹青年会議所会員と地域の協力者の方々と共にWEB予約のサポートを行いました。

配布したチラシ

07-01-tirasi-ver.2

【新型コロナワクチン高齢者WEB予約サポートを終えて】

 6月14日月曜日、アゼリアおおたけにて【新型コロナワクチンWEB予約サポート】を行いました。大竹青年会議所を中心に、地域の方々にもご協力頂き、ご来場頂いた170名を超える高齢者の皆様のワクチン予約を無事に行うことができ、企画担当者として本当に安堵しております。
 この度の事業は、ワクチンの予約が取れないというお声を多数聞き、地元にいる我々青年が何かお手伝いできることがないかと考え行動したことがきっかけです。全国各地の自治体での取り組みや、ワクチン予約の問題点などの情報収集を行い、大竹市役所様へ企画書を持ち込み、官民一体となり本事業を進めてまいりました。5月の大型連休明けから1ヶ月、緊急事態宣言が発令されている中、WEB会議やリハーサルを重ね、急ピッチで準備を行ってまいりました。これも信頼する仲間たち、大竹市役所、地域の皆様のご協力とご理解があったからこそ、進めることができました。本当にありがとうございます。国難と言われるほどの新型コロナウイルスが出現してから、早1年と半年。さまざまな活動が制限される中、明るいニュースを届けたいとの思いで、何ができるのかを考え、行動してまいりました。我々の取り組みが、地域の課題解決の一助になり、大竹市にはすぐ行動を起こせる若者がいるということを認識して頂けたると幸いです。これからも明るい豊かな社会の実現のため、力を合わせ活動してまいります。

一般社団法人大竹青年会議所
社会開発部門 副理事長
中野 友博

前の記事

8月例会告知

次の記事

8月例会